お尻のざらざらや黒ずみの悩みはボディスクラブでスッキリ解消!

お尻の肌トラブル髪の悩み
この記事は約11分で読めます。
スポンサーリンク

今、雑誌などでもよく特集されている美尻。

 

美しいスタイルに憧れをもち、ヒップアップトレーニングを頑張っている女性が非常に多いです。

 

ヒップアップトレーニングをすることで、衣服を着用した状態では綺麗なボディラインを作ることができますが、お尻の肌質という面ではどれだけトレーニングを重ねても残念ながら綺麗にはなりません。

 

せっかく美尻になるための努力をしているならば、肌も綺麗な方がより良いですよね!

 

しかし、お尻のケアをしているか?という質問には対し、2人に1人がお尻の肌トラブルを「ケアしていない」と回答しているんです。
さらに、お尻のざらつきに悩む割合は、毛穴や小顔より多数だった!というデータもあります。
参考サイト:株式会社シーズ・ラボ

 

お顔のケアは毎日キチンとしているが、お尻のケアは全くしていない。という人がこれほどいるとは驚きですよね。

 

しかも、トラブルを抱えているにもかかわらず放置してしまっている状態です。

 

お尻というデリケートな部分であるからこそ、人に相談できず自分ではどう対処したらいいのかわからないという問題もあるのではないでしょうか。

 

また、お尻は自分の目で見ることができない場所なので、違和感はあるがどうなっているのか把握していないといった状況もあるかもしれません。

 

痛みが伴っていない場合は、お尻の状態を確認する機会はあまりありませんからね。

 

自分では気づいていないだけで、汚尻になってしまっているかもしれません。

 

そこで、先日こんなツイートをしました。

お尻のケアをしている人は2人に1人
ざらざらしてたり、黒ずみがあったりしては台無し
ヒップアップトレーニングだけでなく、
肌ケアもすることで「美尻」になる
ざらざら・黒ずみは自宅でケア出来る
お尻はデリケートな部分だからこそ優しいケアを
これは女性だけでなく男性も同じ

 

本記事ではこのツイート内容に合わせて、

  • お尻のざらざら、黒ずみの解消法
  • ざらざらになる原因
  • 黒ずみになる原因
  • 美尻のために必要なケア方法

を詳しく解説します。

 

お尻はとてもデリケートな部位なので、お顔と同様に優しくケアしてあげることが大切です。

 

スポンサーリンク

お尻のざらざらや黒ずみの悩みを解消

お尻のざらざらや黒ずみといった悩みを解消するには、ボディスクラブで古い角質を取り除くことが簡単で効果的な方法です。

 

ボディソープなどで丁寧に洗っていても、ざらざら感を取り除くことができません。

 

お尻のざらざらは清潔にしているだけではダメなんです。

 

冒頭でもお伝えしたように、お尻のケアをしている人は約半数。

 

恥ずかしい気持ちもあり、なかなか人に相談できることではないですし、エステや病院といった施設もどこにどう相談すればいいのかわからないですよね。

 

そして、やはり他人にお尻を見られるのは恥ずかしいです。

 

だからこそ、知識をつけて自分でケアをすることが大切になってきます。

 

ヒップアップというお尻の形だけでなく、綺麗は肌が揃って初めて美尻となります。

 

これは女性だけなく、男性にも同じことが言えます。

 

男性の場合は、女性以上にお尻のケアはしていないのはないでしょうか。

 

女性の場合はもちろん、男性であってもお尻は綺麗な方がいいですよね!

 

なぜ、お尻のケアにはボディスクラブが有効なのかは、原因を知ることで理解を深めることができます。

 

理由はわかれば改善するのも簡単で、ボディスクラブをオススメするのも納得してもらえるはずです。

スポンサーリンク

ざらざらになる原因

お尻がざらざらになってしまう大きな理由は2つあります。

  • ターンオーバーの乱れ
  • ニキビなどの炎症

お尻に限らず、肌がざらざらするといった症状はほとんどの場合、この2つが原因になります。

 

そして、ざらざらの状態を放置しておくことで、黒ずみへと変化していってしまうんです。

 

また、お尻ならではの避けようのない条件が黒ずみを加速さてしまいます。

ターンオーバーの乱れ

お尻は、背中や腕・足とは違い、下着による摩擦や締め付けがあるので、肌の角質層が傷つきやすく肌自体の保水能力が低下しやすい部位です。

 

それにより、乾燥しやすく肌のターンオーバーが乱れてしまいます。

 

ターンオーバーが乱れてしまうと古い角質が肌表面に蓄積し、ざらざらの最も大きな原因となる。

 

お尻は、下着や衣服で紫外線からは常に守られている場所なので、日焼けによってメラニンが生成されることがないので、お尻が黒ずむ原因はほぼターンオーバの乱れが引き金になっています。

 

また、長時間に渡り座っていることで体重の負荷によってお尻の血行が悪くなりがちです。

 

デスクワークなどの座り仕事をしていると、どうしても座っている時間が長くなってしまいますよね。

 

長時間座っていることで、お尻の血行が悪くなると肌のターンオーバーが正常に行なわれなくなるため、ニキビや吹き出物などの炎症も治りにくくなってしまい、跡が残りやすくなってしまいます

ニキビなどの炎症

お尻にできてしまったニキビなどの炎症もメラニン色素の分泌を活性化させてしまいます。

 

ニキビ跡などが残ってしまうと、黒ずみになる事もあるので早めの対処が大切になります。

 

また、ニキビ勘違いしやすい粉瘤ふんりゅうの可能性もあるかもしれません。

 

粉瘤とは、皮膚内部に垢や老廃物が溜まってしまうことによりできる良性の腫瘍のことです。

 

粉瘤の原因は、はっきりと判明していないようですが、しこりができて赤く腫れたり、炎症を起こしたり、痛みが出たりします。

 

粉瘤の症状は、ニキビとよく似ているのですが「菌」が原因ではないため、ニキビ用の薬やスキンケア用品を使用しても、全く効果がありません。

 

粉瘤の疑いがある場合は、自分で対処するのではなく、皮フ科での早めの治療をお勧めします。

ざらざらになる原因のまとめ

お尻にざらざらとした触感がある場合は、ほぼほぼ古い角質が原因です。

 

ニキビなどの炎症があれば、ざらざらというよりブツブツとしった触感になるため手触りで違いを判断する事ができます。

 

どちらにせよ、肌のターンオーバーの乱れからきているものなので、古い角質を取り除きターンオーバーを正常化することで改善できます。

スポンサーリンク

黒ずみになる原因

肌のターンオーバーの乱れから黒ずみへと変化していくのですが、先ほど解説した以外に他の要因もあります。

  • 刺激による黒ずみ
  • 圧迫による黒ずみ
  • ホルモンバランスの乱れによる黒ずみ

ターンオーバーと通ずるものがあるのですが、すこし解釈が違います。

 

一色たんに考えてもよいのですが、ざらざら感はないが黒ずみが気になる。という方のためにあえて分けさせていただきました。

刺激による黒ずみ

ターンオーバーの乱れでも触れたように、下着の締め付けなどのお尻への刺激が原因で黒ずみができることもあります。

 

肌への刺激は、メラニン色素の過剰生成の原因となる。

 

下着だけでなく、衣服と肌が擦れる事で肌へのダメージとなり、黒ずみができてしまいます。

 

特に、おしりと太ももの境目の黒ずみは「スキニーデニム」などの衣服の締め付けが原因である可能性が高いです。

 

締め付けがキツイ服は、水分が蒸発しにくく、肌が蒸れやすい状態になってしまいます。

 

肌が蒸れてくると、かぶれやすく痒みを伴いやすいです。

 

かくことが刺激になり、黒ずみの原因となります。

 

ですから、締め付けが強い下着やパンツなどは避け、通気性のいい衣服を身に着ける事が予防となります。

圧迫による黒ずみ

長時間お尻を圧迫していることも、黒ずみの原因となります。

 

血行不良によるターンオーバーだけでなく、座る事でお尻へかかる圧力が刺激となり、黒ずんできてしまいます。

 

タイトパンツなどの締め付けが強い衣服を着ることも圧迫へとつながってしまいますよね。

 

お尻の肌は、このような負荷から守らなければならいので、他の部位の肌よりも角質が厚く硬くなっています。

 

負荷をかけ続けることにより、角質がどんどん厚く硬くなってしまうため、毛穴が詰まりやすい状態になり、ニキビができやすい環境になってしまうのです。

 

デスクワークをしている人は、お尻に負担をかけないようにクッションなどを使用することで負荷を軽減できます。

ホルモンバランスの乱れによる黒ずみ

これは女性特有のものなのですが、ホルモンバランスが崩れることで、お尻の黒ずみの原因となると言われています。

 

生理前や妊娠中は黄体ホルモンが増加し、シミができやすい時期になります。

 

妊娠や出産によるホルモンバランスの変化は出産後に戻ることもあり、その期間にできてしまった黒ずみは産後に緩和されることがあります。

スポンサーリンク

お尻のざらざらと黒ずみをなくすケア方法

お尻のざらざら・黒ずみをなくすには、ターンオーバーを意識するのが大切になります。

 

そこで必要になってくるアイテムがボディスクラブです。

 

ボディスクラブは、肌への負担を最小限に抑えて古い角質を落とすことができます。

 

古い角質を定期的に落とすことで、自然とターンオーバーは正常化していくんです。

 

お尻のケアはお風呂で下記の通りに行えばOK。

 

  1. お尻を軽く濡らす。
  2. ボディスクラブを適量、手に取りヒップ全体に塗る。
  3. 手の平で下から上へ引き上げるように優しくマッサージする。(力は入れない)。
  4. 下尻のお肉を優しくつかんで、軽くもみほぐす。
  5. 軽くつかんだまま、円を描くように下尻をマッサージする。

 

丁寧な方法を書きましたが、面倒であれば4は飛ばしてもよろしいかと思います。

 

お尻を上部と下部に分けるイメージで行うのが効果的です!

 

2つに分けるイメージをもたないと、お尻と太ももの境目を飛ばしやすくなるからです。

 

境目の部分が一番トラブルを起こしやすい場所になるので、しっかりとケアをするには分けて考える方が効果的です。

 

そして、保湿をしっかりとする!

 

お尻は、蒸れや摩擦などにより乾燥しやすい部位なので、保湿をしっかりしないと角質層がだんだんと硬く厚くなり、毛穴の詰まりやニキビの原因となってしまいます。

 

お尻に限らず、肌は乾燥すると、新陳代謝機能が低下してしまうため、再生も遅くなり、ニキビが治りずらくなったり、ニキビ跡として残ってしまうといった悪循環を生んでしまうため保湿はかなり大切です。

 

スクラボのボディスクラブであれば、

  • 古い角質の除去
  • ニキビの有効成分「イソプロピルメチルフェノール」配合
  • 使用後の保湿ケア

をまとめてできるので、とっても楽にお尻のケアをすることができます。

 

僕は、アトピー体質で肌にコンプレックスがありましたが、スクラボを使い始めてから肌が綺麗になったと実感しています。

 

お尻のざらざらや黒ずみは、いきなりできるものではありません。

 

日頃のケアの積み重ねが美尻へとつながります。

 

一度しっかりと改善して、予防のケアをすることで作らないことが大切です。

 

そうすればきっと、ツルツルでスベスベのきれいなお尻が手に入るのは間違いないです!

 

肌トラブルは正しいケアをすれば、ほとんどの場合「自宅」で解決できます。

 

以上、お尻のざらざらや黒ずみの悩みはボディスクラブでスッキリ解消!でした。

 

関連記事

髪の悩み
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ゆーすけをフォローする
バン美〜ノ!

コメント