美容師になるためには美容専門学校への進学が必須

美容師がセットをしている様子美容学生
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク
美容師になるには、まずなにをすればよいのか?どうすれば美容師になる事ができるのか?わからない方もいますよね。

 

そこで、美容師になるための「道のり」と「学校の選び方」を解説していきます。

 

先に結論を言うと「美容専門学校はどこでもいい」「わざわざ都会へ行く必要はあまりない」というのが僕の主観です。

スポンサーリンク

美容師になるためには美容専門学校への進学が必須

可愛いアップスタイル

美容師になるためには、必ず美容専門学校へ入学し、卒業しなければなりません。

美容専門学校を卒業する事で初めて、国家資格である美容師免許の「受験資格」が得られるからです。

 

美容専門学校を卒業しないと資格試験を受けれない仕組みになっているので、美容師免許を保有している人は100%「美容専門学校卒」という学歴があります。
スポンサーリンク

美容専門学校の選び方

鮮やかな色の傘

都道府県立・私立などの違いがありますが、都道府県知事の認可や厚生労働大臣指定などの違いによって変わってきます。ちなみに美容師免許は厚生労働省の管轄になります。

 

基本時には「◯◯美容専門学校」という名前なので、特に気にする必要はなく行きたい学校が決まっているならそこへ行けばいいと思います。

 

僕は地元である石川県の美容専門学校に進学しました。当時は県内に美容学校が1つしかなったので選択の余地なし。といったところです。

 

ここで一つ注意が必要なのは「学費」です。学校によって授業料や教材などの学費が全然違うためいろいろな学校の資料を取り寄せ、学費を比べることをオススメします。

 

学費の高い学校へ行っても、低い学校へ行っても「美容専門学校卒」に変わりはありません。

 

国家試験を受ける条件も内容も全国統一です。コスパを意識すれば学費は安いにこしたことはありません。

 

とはいえ、学費が安くても家から遠すぎる場合やわざわざ引っ越す必要があったりすることもあると思うので、トータル的なバランスを考慮してみてください。

「昼間課程」か「通信課程」を決める

美容学生は大きく2つのルートに分かれます。

「昼間課程」これは、普通に学生ですね。朝に登校し、夕方に下校。いわゆる全日制の学校ってやつです。この場合は2年間で卒業です。
「通信課程」こちらは「働きながら学生をする」という感じです。例外を除いてほとんどの人は「美容院で見習いをしながら仕事を覚え、レポートを提出する」といった形です。基本的にはレポートなんですが、年に数回スクーリングといわれるものがあり、学校へ出席し学校での授業を受けなければなりません。「通信課程」の場合は3年間で卒業です。

 

ほかにも「夜間課程」「高校専修学校(高等課程)」があるようですが、あまり一般的ではないかもしれません。石川県にはありませんでした(※当時)

「都会」か「地方」どちらにする?

主要都市出身の人からすると、わざわざ地方へ行く必要はないと思いますが、田舎者は都会への憧れがあります。

関東や関西などの都会へ行くか?地元に残るか?というのは悩みどころになるんです。

 

石川県の場合、関東・関西の間くらいに位置しているので「地元、関東、関西」の選択肢がありました。(実際の位置という意味ではなく、移動時間で考えた場合どちらも同じくらい)

 

ここで考えるべきポイントは「学費」です。

 

都会には私立の美容専門学校が多いため可能性は大きくなりますが、「都会」と「地方」では「学費」がかなり変わってきます。

 

そして、引っ越し・一人暮らしなどの生活費にも当然お金がかかります。

 

なぜここまで「お金」のことを言うかというと、有名な美容学校を卒業しても、地方の美容学校を卒業しても「美容専門学校卒」というのは変わらないからです。

 

「一流の大学卒」と「三流の大学卒」のような差は生まれません。

 

美容専門学校は、あくまで「美容師免許の受験資格を得る」だけのものです。

 

車の免許を取るために自動車学校へ通うのと同じ考えです。美容師の場合は運転免許と違い一発免許取得ができないので学校に通う必要がありますが。

 

美容師を目指す以上、自己投資がかなり必要になってくるので、少しでも節約をして、その分ウィッグの購入などに当てた方が将来に繋がります。

 

地方の人間からすると都会は華やかで楽しそうなイメージがありますが、その分誘惑が多いです。練習をせずに遊ぶことや一般的なバイトに一生懸命になってしまうと卒業後に大きく影響してきます。

 

学生生活を充実させ満喫するのもいいことですが、「なぜ美容師になりたいと思ったのか?」「美容師としてどんな仕事をしたいのか?」「幾つまでに給料はいくらほしいのか?」など5年先10年先のことを考えて行動しなければ、現実にはなりません。

 

しっかりとした将来像を持っていて、そのために必要ならば都会の学校に行くのを応援しますが、「漠然と美容師になりたいと考えている」「いち早くスタイリストになりたい」と思っている人は「地方」が絶対に良いです。
「漠然と美容師になりたい」程度の考えで都会に出れば、間違いなく潰れます。都会の学校はそれほど競争率が高く、熱量の高い人が集まっています。「地方」であれば、この考えでも全然OKです。

 

地方の美容学校出身なのに、なぜ都会の学校の情報を知っているの?と疑問があるとは思いますが、中学・高校の同級生で都会の美容学校へ進学した友達の話を聞いたり、僕自身も都会で働いたことがあるので、都会の美容院の現場や専門学生と触れ合う時期があったからです。

 

都会での勤務経験はまた別の記事でお話したいと思います。

スポンサーリンク

最後に

美容専門学校では「都会」「地方」に大きな差はありません。競争率や授業内容が違うため、都会の学校の方が少し有利な部分がありますが、卒業してしまえばその差は綺麗に無くなってしまいます。

 

そのため「どこの美容専門学校に行けばいいのか?」という答えは「どこでも同じ」です。

 

美容専門学校は美容師になるための準備段階にすぎず、美容師としてのスタートラインは就職してからです。

 

明確な目標がある場合に限り、専門学校にこだわればよろしいかと思います。

 

とわいえ、学校選びの基準を知りたい!という方は「美容専門学校はどこがオススメ?将来のビジョンが大きなポイント!」を参考にしてみてください。

美容学生
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ゆーすけをフォローする
バン美〜ノ!

コメント