【美容師免許】通信課程なら主婦でも無理なく美容師になれる!

【美容師免許】通信課程なら主婦でも無理なく美容師になれる!美容学生
この記事は約6分で読めます。

主婦になってから美容師免許を取得するときは通信課程がおすすめです。

  • 子供の頃から夢だった美容師を諦められない
  • 自宅を改築して美容院を開きたい
  • 結婚相手が美容師だった
  • 親が美容師でお店を継ぐことになった

などで家庭に入ってから美容師免許が必要になった場合であれば、通信課程で美容学校に入学した方が無理なく美容師になれます。

当記事では通信課程がおすすめの理由を、

  • メリット
  • デメリット
  • 学費

という順に解説します。

 

美容師への道を考える時、まずあなたが最初にすべきことは「美容専門学校の資料請求」です。

美容学校の資料請求は無料のものが多いので、どんどん情報を集めましょう!

学校により授業内容や学費が異なるため、比較をする意味でも情報はたくさんあった方が絶対に良いです。

入学の条件も学校によって違いがあるので、あなたの理想に1番近い学校を選ぶことが大切になります。

「どうやって資料請求をすればいいのか分らない…」という方は、手始めに「SPC学園 アーデント ビューティーカレッジ」の無料資料請求がおすすめです。

SPCグループは加盟する美容院が全国にあるので、就職にも困る事はありません。

\美容師への道は資料請求から/

>美容学校の無料資料請求はこちらから

お金は一切かからない!完全無料だから安心

主婦が美容師になるなら通信課程が最適

主婦が美容師になる

美容師になる上で、絶対に欠かせないのが美容師免許です。

美容学校には「昼間課程」と「通信課程」があります。

学校によっては「夜間課程」もあるのですが、少しイレギュラーになるのでここでは割愛させていただきます。

主婦は、家事や育児などでなにかと忙しいですよね。

普通の学生のように、毎日、朝から夕方まで学校に通うのはなかなか難しいと思います。

それに、「昼間課程」で入学する生徒のほとんどは現役生です。

高校を卒業したての18歳の中に飛び込むのは、かなり勇気が必要なのではないでしょうか?

 

通信課程であれば、年に数日間のスクーリング以外、同級生と顔をあわせることがないので安心です。

また、通信課程の生徒は大半が社会人なので、年齢を気にする必要もありません

 

時間や学費、同級生という人目だけでなく、美容師免許取得後、美容院で実際に勤める事を考えても通信課程が最適と言えます。

次は、その理由をメリット・デメリットという面で解説します。

\学校選びで失敗しない/

>美容学校の無料資料請求はこちらから

美容師への第一歩

通信課程のメリット・デメリット

通信課程のメリット・デメリット

通信課程は先に述べたような「時間的・経済的・精神的」なメリットがあります。

しかし、残念ながらデメリットとなる一面もあるので、両方を知った上でよく検討してみてください。

メリット

  • 通学する日数が少ない
  • 学費が安い
  • 年齢を気にしなくていい
  • 美容通信の入学と同時に美容院に就職できる
  • 給料が入る
  • 実戦で使える技術が早く身につく

通信課程はスクーリングと呼ばれる「学校での授業」があるのですが、年間で数週間の日程しかありません。

 

毎日、学校へ通う必要がないので家の事をしながらでも、無理なく美容師免許を取得する事ができます。

また、幅広い年齢の方がいるので自分の歳を気にする必要もありません。

50代で美容師を目指す!なんて方もいるくらいです。

18歳という若者の中に飛び込むのはちょっと気が引けてしまいますよね。

 

そして、昼間課程よりも圧倒的に学費が安いのも魅力です。

学費については、後ほど詳しく解説します。

 

もう1つ大きなメリットが「美容院で働きながら資格を取れる」という事です。

美容師は美容師免許を持っていても、実際に技術力がなければ美容師とは言えません。

美容師は技術職なので、やはり練習して身につける以外の方法はないんですよね。

 

美容学校は美容師免許を取得するためのカリキュラムしかないため、美容師免許を取ったからといっても現場で働く美容師としては「何もできない状態」に等しいです。

  • 美容学校→国家試験に向けた技術
  • 美容院で勤務→美容師としての実践的な技術

というのが現実です。

 

美容院で勤めるということが給与が発生するため、経済的な負担が少なくなります。

そして「お金をもらいながら実践的な技術を見つけられる」というのが最大の魅力です。

 

技術があれば即戦力になれるので、美容師免許取得後に困ることはありません。

  • 親の店を継ぐ
  • 自分で開業する
  • 外勤を続ける

技術力さえあれば、どの選択をするかはあなた次第でできます。

デメリット

  • 国家試験にあまり有利じゃない
  • 自主的な練習、勉強が必要

「昼間課程」の場合は、美容師国家試験に特化した授業内容をみっちり行うので、合格率も高いのですが、「通信課程」の場合は、ほとんどが自力での勉強となります。

 

「質問したくても、その場で質問することが出来ない」事や「教えてもらえる機会が少ない」事で合格率は「昼間課程」の生徒に比べ、低い傾向にあります。

また、美容院に勤務しながらの場合は「国家試験に向けた練習」と「実践的な練習」が同時に求められるので「やらなければいけない事が多い」状態になります。

とはいえ、大変なのは最初だけで少し慣れれば、問題なく両立できるようになるものです。

美容学校「通信課程」の学費

「通信課程」の学費は、3年間で平均50〜70万円前後が一般的です。

これは「昼間課程」と比べると4分の1という授業料となります。

加えて、美容院に勤務した場合は給与がもらえるため、経済的な負担が全然違いますよね。

とはいえ、美容学校により学費や教材費はかなり違うので、いろいろな学校の資料請求をして比較検討を行う事をおすすめします。

>美容学校の無料資料請求をする

美容師免許は通信課程なら主婦でも取りやすい

美容師免許を通信課程で取得

メリットとデメリット・経済面を踏まえて、主婦から美容師を目指す場合「通信課程」で入学した方が美容師になりやすいです。

そして、現実的な話をすると「一刻も早く実践的な技術を見つけるべき」というのがあります。

美容師免許を取得したからといって一人前の美容師になれるわけではありません。

 

少し厳しい言い方になってしまいますが、「時間」の問題もあります。

  • 18歳で高校を卒業し、美容学校へ入学、昼間課程で2年間過ごし、就職。
  • 20歳で美容院に就職してから、スタイリストになるまで早くて3年はかかる。
  • スタイリストになりたての頃は、当然「経験不足」なので、まだまだ練習と経験が必要。

世の中の美容師の大半は、これほど時間と努力を費やして、美容師となっているんです。

 

あなたの年齢を考えた時に「同じ時間を費やせるか?」がネックになるかと思います。

少しでも時間を節約するためにも、「通信課程」が効率的だと感じます。

ちょっと不安にさせてしまったかもしれませんが、安心してください!

今、主婦をしているあなたでも必ず美容師になれます。

主婦だからこそ、無理のない通信課程を選んでみてはいかがでしょうか。

\美容師への道は資料請求から/

>美容学校の無料資料請求はこちらから

お金は一切かからない!完全無料だから安心

以上、【美容師免許】通信課程なら主婦でも無理なく美容師になれる!でした。

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました