美容院で「やり直し」は可能?美容師はどう思ってる?

美容院でのやり直し美容院での疑問
この記事は約10分で読めます。
スポンサーリンク

美容院へ行った日は美容師が仕上げをするからイイ感じの髪型になってますよね!

 

でも、次の日に自分でセットしてみたら「あれ?」ってなることも・・・?

 

失敗されたわけではないけど、「いまいち気に入らない」

 

そんな時、「やり直し」をしてほしい!って思いますよね。

 

料金を支払っているので、満足のいく結果を求めるのは当然の権利です。

 

しかし、美容院では「やり直し」というクーリングオフ的な説明がない場合がほとんど。

 

「やり直し」をしてもらいたい時

 

  • 美容師はどう思っているのか?
  • どのように伝えれば良いのか?
  • どのくらいの期間であれば「やり直し」をしてもらえるのか?
  • 「やり直し」とはどの程度の範囲でしてもらえるのか?
  • 料金はかかるのか?

 

 

こういった気になる点を1つずつ解決していきます。

スポンサーリンク

美容院で「やり直し」は出来る

やり直しはできる

 

ほとんどの美容院では、やり直しは可能です!とは書いていないと思いますが、意思を伝えれば普通にしてもらえます。

 

返品、交換、クーリングオフなどと同じです。

 

しかし、髪の場合は「元の状態に戻す」ということができないので「やり直し」というやり方で対応しています。

スポンサーリンク

美容院で「やり直し」を頼んだら、美容師はどう思ってる?

美容師は「やり直し」を喜んで受ける

 

やり直しを頼む時に「料金や期間」も気になるところですが、一番気掛かりなのは「美容師がどう思うのか」じゃないですか?

 

相手はプロだし、その日の仕上がりは「良い」と言っている自分もいる。

 

  • それに、気まずくなるのは嫌!
  • クレーマーだと思われても嫌!

 

心理的には、こう感じているから「頼みづらさ」があるんだと思います。

 

しかし、遠慮するのはもったいないですし、遠慮する必要もありません。

 

冒頭でお伝えしたように、料金を支払っているので「当然の権利」ですし、気に入らない髪型で毎日を過ごすのはストレスがたまり、かなりの精神的苦痛になってしまいます。

 

「やり直し」に対して、美容師は嫌がるどころか「むしろ喜んでいる」というのが本心です。

 

逆に「申し訳ない」とすら感じています。

 

あなたは「申し訳ない気持ちで頼みづらい」と思っているかもしれませんが、それは「気の使いすぎ」なんです。

 

美容師はあなたの想いとは「真逆の反応」を必ずします。

なぜ、美容師は喜ぶのか?

あなたの考えとは逆の反応を美容師がするのか不思議ですよね。

 

これは、やっている方としては当たり前のことなんですが、やる側の人間にしかわからない感情かもしれません。

 

美容師って、こんなイメージはありませんか?

 

おしゃれで自分に自信があり、プライドが高い

 

一般的にはこんなイメージだと思います。

 

しかし・・・、現実は違う。

 

自分に自信がなく、技術や人柄を受け入れてもらえるか不安で心配

 

僕だけかもしれませんが、実際はこんな感じです。

 

これが喜びとどう繋がってるのかと言うと、失客にビビってる!ということです。

 

仕事中は、ある種の虚勢きょせいを張っているだけで、内心は小心者が多いんですよね。

 

美容師には「内向的で人見知り」という人が実に多い。

 

だから、「やり直し」をさせてもらえる=有難い・うれしい

 

となるわけです。

 

もちろん、懸命に練習をし圧倒的に努力をしているから技術には自信があります。

 

しかし、美容師的に100点満点の仕上がりだったとしても、お客さん的から60点の評価だったら、ただの自己満足の技術になります。

 

このことを美容師はちゃんと理解しています。

 

それに、仕上がりが気に入らなければ「その美容院には二度と行かない」というのが普通だと思います。

 

そういった人がほとんどという中で、やり直しをさせてくれるということは、挽回のチャンスをもらっているのと同じです。

 

「フェードアウトせずに、しっかり伝えてくれる」というのは非常にうれしい気持ちになるのは当然ですよね!

 

ここまでで「美容師の本心や気持ち」の部分を理解していただけたと思うので、ここからは「やり直し」について具体的なことを解決していきます。

スポンサーリンク

やり直しは電話で伝える

やり直しは電話で伝える

 

やり直しを希望する際は、電話でお店もしくは美容師に伝える方がいいです。

 

基本的に「やり直しの予約」を入れることになるのですが、メールなどではなく、電話で直接やり取りをした方がスムーズにことが進みます。

 

お客さん側の予定があるのはもちろんなんですが、美容院側にも予約の予定があります。

 

「やり直し」という内容であっても、美容院の都合が合わなければ対応できません。

 

やり直しだからと、連絡なしでお店にいきなり出向いても対応が難しい場合がほとんどなので二度手間になってしまいます。

 

「やり直し」という「わざわざ出向く立場」なのは重々承知していますが、事前に電話で連絡をするようにお願いします。

スポンサーリンク

やり直しに対応してもらえる期間

やり直しに対応している期間

 

「やり直し」や「お直し」の対応期間は最大でも10日以内というのが一般的です。

 

なぜ10日以内が多いのかというと、それ以上日数が経過すれば、髪型が崩れ出す期間に入るし、カラーの色あせも進行します。

 

そうなれば「直し」ではなくなりますよね。

 

あくまでも「直し」なので髪型が「崩れ始まる前」が対応できる期間です。

 

また、よほど劣悪な環境に所属している以外は1週間に1日は休日があるでしょうし、休日ではなくても多少は時間を作れますよね?

 

中には多忙の方もいらっしゃるので、1週間という7日ではなく、少し余裕をもって10日以内という設定をしていることがほとんどです。

 

ここでも、わざわざ時間を作ってもらわなければならず、「申し訳ない」という気持ちがあるので負担が少なくなるような日数を設けています。
スポンサーリンク

やり直しは基本的に無料

やり直しは基本的に無料

 

やり直しはもちろん無料です。

 

支払った料金分の満足度を得られていないわけですから当然ですよね!

 

とはいえ、すべての美容院が必ず無料というわけではないで、電話をした際に確認が必要です。

 

この「電話で料金を確認」というのをしておくと、やり直し当日に非常に役立ちます。

 

  1. やり直しの連絡をする
  2. 当日、施術のやり直しをしてもらう
  3. 仕上がりを確認する

 

問題はこの後です。

 

今、この記事を読んでいるあなたは、「気まづい思いをしたくない」と強く想っているはずです。

 

そんなあなたが、そのまますんなりとお店を出ることができますか?

 

「なんとなく申し訳ない気持ちがあるから、とりあえずレジへ向かい財布を出す」という行動をとってしまいたくならないですか?

 

この帰り際かえりぎわに「変な空気」とならないようにするためにも「事前に確認する」のが有効です。

 

確認しておけば、仕上がりと見た後に「ありがうございます(退店)」と躊躇ちゅうちょすることなく店を後にできます。
スポンサーリンク

やり直しが可能な範囲

やり直しの適応範囲

 

やり直しをしたくても、髪の状態によって「できる事」と「できない事」があります。

 

大前提として「切って短くする事はできるが長さを足す事はできない」これは言うまでもありませんね。

 

希望の長さより短い場合もしくは、軽い状態の場合は伸びるのを待つしかありません。

 

もう一つは「髪のダメージ」がひどい場合。

 

この場合は、やり直す以前に「最初から施術を断るべき」なので、「髪が痛んでもいいから、どうしてもやりたい!」という要望が強い場合は「ノークレーム」等の条件が提示されているはずです。

 

それでは、「やり直しが可能な範囲」を解説していきます。

カット

  • 左右の長さが違う
  • 思ったよりも長い
  • もう少し軽くしたい
  • 前髪が重い、長い

カラー

  • 根元が染まっていない
  • 思ったよりも「少し明るい」もしくは「少し暗い」
  • 希望の色と少し違う

パーマ

  • 左右でかかり具合が違う
  • 思ったよりパーマが「強い」もしくは「弱い」

縮毛矯正

  • クセが伸びてない

トリートメント

トリートメントに関しては「やり直しという概念がない」ので対応していないのがほとんどです。

スポンサーリンク

やり直しに料金が必要な場合

やり直しにお金がかかる範囲

 

やり直しに料金が必要な場合は、お客さんの都合が要因であるパターンです。

 

カウンセリングで決まった内容と違うという場合は「やり直し」ではなくなります。

 

  • スタイルチェンジ
  • 色味を変える
  • パーマの雰囲気を変える

 

というように、カウンセリングで決めたスタイルと変わる場合は、通常の料金が発生する場合があります。

 

施術の途中で変更可能な範囲で変えるのは問題ないです。

 

ファミレスで「ハンバーグ」を頼み、運ばれ来てから「ステーキ」に変更して!と言っても無理ですよね?

 

それと同じです。

 

注文をしてから「調理に取りかかる前」であれば、変更可能です。

 

これはタイミング次第という事もありますが、「変更可能な範囲での変更」という事になります。もう少し髪に事で具体的に考えると、次のようなパターン

 

  • ボブスタイルからレイヤースタイルに変更(逆パターンもある)
  • ロング(ミディアム)からショートに変更
  • 暗めの色からブリーチのような明るめに変更(逆パターンもある)
  • アッシュ系からピンク系などに色味を大きく変更
  • パーマをかけない部分を作ったけれど、やっぱりかけたい
  • 巻き髪のようなパーマからスパイラルパーマなどに変更

 

他のパターンもあるかもしれませんが、ザックリとこのような変更は「やり直し」の範囲ではないです。

 

どれもお客さん側の「気分的な変更」や「やっぱり違った」というものですよね!

 

「やり直し」は美容師に非がある場合もしくは、言葉では伝えるのが難しい「ニュアンス」や「感覚」のズレを「調整する」というものです。

 

ハンバーグを切ったら、中が赤い・・・「もう少し焼いてきてほしい!」がやり直しです。
スポンサーリンク

美容院での「やり直し」まとめ

美容院でのやり直しを理解した女性

 

  • どこの美容院でも「やり直し」は出来る
  • やり直しは「気まずく」なるものではない
  • なるべく早くに電話で連絡をする
  • 10日以内に再来店というのが一般的な対応期間
  • 料金は基本的に無料
  • 来なくなるより「やり直し」の連絡をもらえる方が有難い
  • やり直しをしたくてもできない場合がある
  • スタイルチェンジなどの「カウンセリング内容と違う」変更は「やり直し」ではなく、通常料金がかかる
  • チャンスをもらえるので美容師は喜ぶ!

 

やり直してほしいと「言いにくい」人もいると思いますが、美容師からすると「感覚、好みこのみのズレ」を修正できるチャンスになります。

 

やり直しによって、気に入ってもらえるように仕上げることができれば、常連さんになってくれる可能性も大きく、ズレを修正できているので「次回からやりやすい」と感じるため本当に有難いことなんですよ。

 

お客さんの方からしても「自分の好みを理解してくれている美容師」という存在になるのではないでしょうか?

 

やり直しは、Win-Winの関係をつくるきっかけになったりするものです。

 

以上、美容院で「やり直し」は可能?美容師はどう思ってる?でした。

 

合わせて読みたい「美容院に関する関連記事」

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました