現役美容師が解説!髪の毛ライザップ?普通のトリートメントとの違いはなに?

髪の毛ライザップってなに?美容院での疑問
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

2019年5月14日に放送された「レディース有吉」で「どんなにボロボロでも短期間でサラサラに蘇らせる髪の毛ライザップがあるらしい」というテーマで紹介されていました。

 

「髪の毛ライザップ」ってなんだか凄そうな造語ですよね!

 

少し興味があって番組を観てみましたが、正直ガッカリです。

 

なにやら特殊な機械が登場していましたが、ネーミングと機械の演出に頼った「普通のトリートメント」だよね。

 

なぜそう感じてしまったのかを現役美容師である僕が解説していきます!

 

結論としては、「あんなに高い料金を払ってまでやる価値はない」です。

スポンサーリンク

髪の毛ライザップは「普通のトリートメント」となんら変わらない

髪の毛ライザップは普通のトリートメントと同じ

 

まず最初に、最先端テクノロジーを使った「特殊な機械」が登場しました。

 

  • 近赤外線
  • 青色LED
  • 赤色LED

 

これらを搭載した「かっこいいマシン」を使い、「青色LEDで殺菌」「赤色LEDで頭皮内部の活性化」、「近赤外線は赤色LEDよりも奥深層の部分を活性化(これは僕のイメージ)」とのことです。

 

この辺りは、科学者ではないのでなにも言えることがなく「そうなんですね」という感想です。

 

強いて言えば、殺菌する必要ある?常在菌を取り除くのは「まぁまぁのリスク」ですよ・・・。

 

これ以降の行程は「普通のトリートメント」となんら変わらないというツッコミどころ満載の内容になります。

スポンサーリンク

シャンプーをしてトリートメントをつけただけのライザップ

シャンプーをしただけ

 

次の行程が、「シャンプー」です。

 

それっぽいこだわりを持ったシャンプーを使用していましたが、これは特に意味がないですね。

 

シャンプー解析サイトなどと同様に成分なんてこだわっても特に意味はないです。

 

シャンプーは汚れを落とすのが1番の目的であって、それ以外の成分は「余計な成分」であり、洗浄力を落としてしまうだけです。

シャンプー後の「マッサージ」は良い

これは非常に良いですね!マッサージで血行を促進するのは必須の行程です。

 

シャンプーの直後にマッサージを行っていたのは、僕が以前に書いた「髪を早く伸ばすには「プロテイン」と「シャンプー後」が最も効果的」でも紹介したように、ベストなタイミングだと言えます。

 

そして、シャンプーのすすぎで「炭酸泉」を使用していたのも素晴らしいです!

 

これも先ほど紹介した、僕の記事でも炭酸泉の有効性について解説してあります。

スポンサーリンク

本格的なトリートメントの開始

本格的なトリートメント

 

炭酸泉で汚れを洗い流した後は、普通にトリートメントをつけてましたね。

 

これについては、番組内では特に触れていませんでしたが「至って普通のトリートメント成分」であるといえます。

 

これが画期的なものであった場合、しっかりと特徴を解説するはずですし・・・。

 

ものすごくシュールな話ですが、そもそも画期的なトリートメントなどこの世にありません。

スポンサーリンク

ヒト幹細胞培養液で毛穴を引き締める?

毛穴と髪は一輪挿しと同じ原理

 

ヒト幹細胞培養液は、ips細胞などと並び「今注目」されている成分です。

 

ヒト幹細胞培養液とは
ヒト幹細胞培養液には、幹細胞が分泌する成分は成長因子(グロースファクター)やサイトカイン、インターロイキンやSODなど、優れた生理的活性効果を持つさまざまな成分が含まれています。ヒト幹細胞培養液は皮膚老化と損傷を防止し、皮膚組織の再生を促進する高機能性生物素材です。

引用元:ヒト幹細胞培養液認証協議会

 

これは、これからの研究が楽しみではありますが、今はまだ「どのように使えるか実験段階」といったところではないでしょうか。

 

化粧品などでも使われだしそうな雰囲気はありますが、副作用などがあるのか?ないのか?なども研究中で「開発途上」なので、少し怖い気もしますよね。

 

確かにこの「ヒト幹細胞培養液」は毛穴を引き締める効果があるのかもしれませんが、これより前の行程でもしっかりと毛穴は引き締まります。

 

  • シャンプーで丁寧に洗う
  • 頭皮マッサージをする
  • 炭酸泉でよくすすぐ

 

毛穴に対するアプローチとしては、これだけしていれば十分な効果を見込めます。

 

毛穴を引き締めるという事は、花瓶で例えるとイメージしやすいです。

 

一輪挿しの花瓶は、口が小さく丸いから花が立ちます。

 

これが楕円であった場合、花が傾いてしまいますよね。

 

毛穴と髪の関係もこれと同じです。

スポンサーリンク

髪の毛ライザップには癖毛をなおす理屈がない

髪の毛ライザップには根拠がない

 

ものすごい癖毛で悩んでいた髪が、サラサラのストレートヘアになっていましたが、髪の構造を変える理屈がない。

 

これは僕の臆測ですが、番組の演出上の問題でアイロンもしくは縮毛矯正をしただけだと思います。

 

どんな最先端の技術を使っても髪の形状を変えるには、「還元剤」が必要です。

 

頭皮を活性化させても、髪にトリートメントをつけても「髪の構造」を変える事はできないというのが現代の毛髪科学です。

 

「髪の毛ライザップ」に毛髪科学を覆すのだけの根拠があるとは思えません。

 

スポンサーリンク

「結論」髪の毛ライザップは、事実とコミットしない

髪の毛ライザップは結果にコミットしない

 

最終的な僕の見解は、やはり「普通のトリートメント」と同じです。

 

最先端の機械を使い、ヒト幹細胞培養液を使用した目新しさはありますが、「どんなにボロボロでも短期間でサラサラに蘇らせる」は完全に誇大です。

 

なぜなら、髪は死滅細胞という事実があるからです。

 

死滅細胞であるが故に、一度痛んだ髪は元に戻ることはなく、「修復、修繕、復元」は不可能であり「蘇る」以前に最初から死滅しているですよね・・・。

 

そして、3ヶ月で7回の施術で、諭吉さんが約21人。

 

この辺の商人根性は尊敬します(笑)。

 

このコーナーの最後の方のコメントでは、「7回すれば、あとは自宅でケアをすれば1年は保つ」という事を言っています。

 

こうなってくると「最先端テクノロジーもヒト幹細胞培養液も関係ない」と言ってるのと同じです。

 

結局は、髪の毛をコーディングして「オイル毛」にしたからツヤが出ただけすから「あなたの髪がべたつくのは過剰なケアが原因です」に直結します。

 

高い料金を支払い、一時的なツヤを手にいれる代償に「髪が必要以上に確実に痛んでいる」これに気づいていない人は残念ながら情報弱者です。

 

「髪の毛ライザップ」は全く結果にコミットしませんでしたね。

 

マスメディアに騙されないように正しい知識をつける事でしか、自分の髪の毛は守れませんよ!

美容院での疑問
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ゆーすけをフォローする
バン美〜ノ!

コメント