本田翼が「天使すぎる」と話題の髪型ウルフカットとは?

スポンサーリンク
本田翼のウルフカット 美容院での疑問
引用元:https://prcm.jp/album/8543e0bf8de79/pic/80702116

3月11日、女優でモデルの本田翼さんが自信のインスタグラムに投函された写真が「天使すぎる!」と話題になってますね。

 

コメントで「#ウルフカットにしてまいりました」とあるように、この髪型は「ウルフカット」と言われる形で切ってあります。

 

2019年のトレンド入り間違いなし!のウルフカットについて解説していきます。

スポンサーリンク

ウルフカットとはどんな髪型?

ウルフカットとは

ウルフカットとは、別名「おおかみカット」とも言われ、1970年代に大流行した髪型です。

その後、1990年代にもブームが来て、2019年に再びブームになる予感がする大注目の髪型が「ウルフカット」となります。

 

髪型は洋服などと同じで、「一周回って可愛い」という風に流行が周っているのですが、そこにはもちろん「進化した形」という少し形を変えて、今の時代にマッチさせるという工夫が付け加えてあります。

 

 

頭を上下に分けて考えた時、上部分(トップ)は丸く短めにカットし、髪の下部分(襟足)にかけてレイヤーを入れ、トップと裾の長さに段差をつけて、軽く仕上げるヘアスタイルのことなんです。

 

佐々木希さんも、少し前までこの髪型だったんですが、現在はさらに短くしショートになっているようです。

スポンサーリンク

2017年頃から予兆はあった

2017年からの予兆

2017年頃から、「切りっぱなしのボブ」などレイヤーを入れない重めのカットが主流だったんですが、その次に流行ったのが「切りっぱなしの外ハネ」です。

ここで、「重めにまとめる」というよりも「重めだけど動かす」という流れに変わったんですよね!

 

そして、その重いスタイルに飽きた人達が「動きを出す」に移行していき、レイヤーがたっぷり入った「ウルフカット」がトレンドになった。という背景があります。

 

そして、美容師の観点からすると、「重めが流行った次は、軽めが流行る」という鉄板の流れがあります。重め→軽め→重めというループは昔から変わりません。

 

髪は、ある日突然、劇的に伸びる。ということはないので、技術的に考えても「重い髪型に飽きた人のイメージを変える時は、軽くする」しか出来ないんですよ。
スポンサーリンク

ウルフカットはバリエーションが豊富

ウルフカットのバリエーション

ウルフカットは、ロング、ミディアム~セミロング、ショート~ボブといった全ての長さで出来るので、非常にバリエションが豊富なのが最大の魅力です。

 

そして、たっぷりのレイヤーが入っている事から、今流行りの「バイヤージュカラー」「インナーカラー」「ポイントカラー」とも相性が抜群です。

 

また動きを出しやすい髪型なので「外ハネ」「外人風パーマ」「ニュアンスパーマ」「細めの強いパーマ」といった「動き」関しても万能性を持っています。

 

これらの組み合わせで、「クール」「カジュアル」「ボーイッシュ」「モード」「ガーリー」といったようにどのテイストでも作れるのがウルフカットなんです。

 

ここまで幅広いイメージを網羅できる髪型ってほんとにないんですよね。

 

あなたの個性を思いっきり表現出来るのが、ウルフカットの魅力です。

スポンサーリンク

最後に

ウルフカットの魅力

いかがでしたでしょうか?

 

ウルフカットがトレンド入りした背景や魅力が伝わったでしょうか?

 

・今の髪型に飽きてきた。

・イメージチェンジをしたい。

・どんな髪型にしようか迷ってる。

 

といったタイミングであれば、ウルフカットがオススメです!

・自分に似合うか不安・・・。

・挑戦してみたいけど、少し勇気が必要・・・。

と躊躇してしまう気持ちがあるかもしれませんが、これだけは言える!という事が1つあります。

 

「ウルフカットが似合わない人はいない」

 

これだけバリエーションがあり、長さ別で見ても万能な髪型は他にありません。

という事は、「どんな人にも必ず似合う髪型」ということです。

ですから、ぜひ挑戦してみてください。

コメント